ガンプラ! 模型!   弁天シンジケート!!

bentensyn.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 29日

可動化の大詰め!

今日も製作開始!

腰のロールは腕のロールと同じで5㍉のドリルとPC、
股関節はボールジョイントと5㍉の穴、固定派の人も
このあたりはやっておいた方が最終的な「S立ち」にも
GOODですヨ!

c0079840_8485764.jpg


ヒザ間接は、基本的にヒジ間接と同じ要領で・・・。
c0079840_8501194.jpg
c0079840_8502282.jpg


ココからは文章での説明がムズカシイので質問があったらコメントの方に
お願いします。

ツマサキ、
c0079840_8532833.jpg

四角く彫る、例のドライバーを加工して造った彫刻等を使うと簡単です
アセラズに出来る事からコツコツと。
c0079840_853419.jpg

c0079840_8535663.jpg

c0079840_8541020.jpg

ポイントは前回も書きましたが、それぞれの間接のタイミング(位置と関係)を
変えずにPCなどを組み込むコトです、加工前と後とで切り離したパーツの関係
が変わっていないトコロに注目。

足首、
c0079840_8573777.jpg

加工前と加工後の場所が入れ替わってしまってスミマセン↑↓
c0079840_8575165.jpg

c0079840_9245153.jpg

c0079840_8582359.jpg


これで、「可動化」の為に撮っておいた画像はおしまいです。
また不定期な更新でスミマセンが、以上の工程で造った
ソードインパルスの完成写真を公開しますのでよろしく
お願いいたします。
[PR]

# by BenTenSYN | 2006-08-29 09:01 | インパルス製作過程 | Comments(0)
2006年 08月 28日

暑さもやわいできたような気がします、模型三昧です。

例の続きを進めます。

今日は腕です、作業開始!
c0079840_8594860.jpg


そろそろ解ってきたころだと思いますが、エッチングソーで切断です。
c0079840_905085.jpg

上腕の断面に5ミリの穴を開けて、PCを入れてあります。
c0079840_925749.jpg


続いて・・・
c0079840_923663.jpg

この時点で肩関節が完成!

ココからヒジ間接、基本的にはHGのキットを参考にして作業をススメます、しかし
このヒジの工程は一度最後まで読んでから開始して下さい。

PCの加工と位置の確認
c0079840_96214.jpg

c0079840_961494.jpg


そしてPCが入るように加工
c0079840_971841.jpg
c0079840_973538.jpg
c0079840_974999.jpg


問題はココからです作業の内容は簡単ですが、軸を立てる場所が問題、
実際にはその位置によって可動範囲が大きく違います。
c0079840_9113038.jpg

c0079840_91143100.jpg

c0079840_912578.jpg

c0079840_9122052.jpg

肝心なのは間接のタイミングが「変」にならないコトが重要です。

そして手首、もう簡単ですネ!
c0079840_914821.jpg

c0079840_9142090.jpg


ココまでの工作で上半身の加工が終わりです、こんな手法ならなんでも「フル稼働」
にできますヨネ? 続きはまた今度。
[PR]

# by BenTenSYN | 2006-08-28 09:18 | インパルス製作過程 | Comments(0)
2006年 08月 25日

完成品公開!

現在、8月25日am おはようございます。

今日は完成品のお話。

 当Blogはガンプラを中心とした模型業界全般を視野に入れた趣味のお部屋です、
本来もっと早くから掲載するべきだったコンテンツを今更やってみます。

 それは、 「完成品のギャラリー」 です!

 まずは
  トップバッター「MS-05s ZAKUⅠ」です
c0079840_1112303.jpg
c0079840_11124090.jpg
c0079840_11124570.jpg

c0079840_14544322.jpg

 去年造りました、これは私の「ザク論」に基づいた改造を全身に渡って
追求してあります。

弁SYN流 「ザク論」とは・・・ 「旧ザク」と「ザク」の違い
 そもそも、過去の(WWⅡ)兵器開発の流れの中でマイナーチェンジ
マエとアトでは「戦闘力」のアップはあっても、「コストダウン」は徹底的に
行われるのが常識。

 もしお手元にコノ元になったザクⅡのキットをお持ちの方がいらっしゃい
ましたら見比べてみて下さい。   例えば、フクラハギのバーニヤのところの
穴もボクの改造では、ネガRがかかった「富士山形状」になっていますが、キット
の状態はただ単に巨大ポンチで穴を開けただけに見えてきませんカ?

「旧ザクはザクⅡに対して手が込んでいる!」のがボクの解釈。
だってギレンはコノ機体を見て「これなら連邦に勝てる!!」って勘違いをさせられた
のだと思うんですヨ。

 そんな逆算的に形状を見出すのが好きなんです。
[PR]

# by BenTenSYN | 2006-08-25 11:04 | 完成品のコーナー | Comments(0)