人気ブログランキング |

ガンプラ! 模型!   弁天シンジケート!!

bentensyn.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2012年 09月 30日

HGの”クランシェ”と”AGE-FX”

まず”クランシェ”ですガ、
カナリ好きですコレ↓
c0079840_20495015.jpg

c0079840_20503391.jpg


ミミのところがメッキなのは
ハセガワのメッキシートを貼ったからです↓
c0079840_20512043.jpg

c0079840_2051415.jpg

c0079840_20515241.jpg

ビームサーベルは長いのが2本入っていますガ、
手首にも接続できるのでダガー系の短いのが似合うです。

ちゃんとビームライフルやシールドを背中に
マウントできるのは、やっぱり正式採用機の証カ?↓
c0079840_22371199.jpg

c0079840_22382919.jpg

AGEシリーズの一般兵機はドレもスキですガ、
このクランシェは別格。

どれぐらい行っちゃってルかと言うと
「地球の皆さんコンニチハっ!」的ナ・・・・・・カンジっす。

もうミライのノリモノです、全身シルバーとかシロとかで
塗るのが吉。

でも変形ハ・・・・・・。


それと"AGE-FX"↓
c0079840_22415579.jpg

実はもうすぐ4歳児のコドモが欲しいと言ったので
パチったのですが、このデザインはアシの青いパーツを
付けないホウが良いのデハ?(写真はその未装着状態)。

あそこダケが末広がりなのは・・・・・・理解不能でした、
MG誌の改造例が成功例だと思うです。




最後に週末はアキバで工具関連を手当たり次第に
購入してきたのですが・・・・・・・↓
c0079840_22451364.jpg

全部で7,000円ちかく掛かりまシタ・・・・・・orz



以上です、ソンじゃーネ。

by BenTenSYN | 2012-09-30 22:47 | ”パチグミ”レヴュー | Comments(0)
2012年 09月 26日

今日は本のハナシ・・・・・。

里見 蘭著”さよなら、ベイビー”↓
c0079840_2013835.jpg

この本に出会ったのはラジオでした。

土曜日の夕方5:00東京FMの看板番組
「サタデー ウェイティングバー アヴァンティ」という
20年グライ続いている人気番組。

毎回なんとなくテーマーが有って、
それに沿ったゲストがBARにやって来て
その会話にミミを傾けてお話しを盗み聞きしてしまう番組。

たまに本の話題で盛り上がる日が有って
何年か前にも紹介された本を読んだコトがアルです。

他にも様々な話題で楽しませるオシャレな番組でオススメです。


今回の本は「ミステリー」に分類されるラシイ。

なので内容を書くとネタバレになりやすい・・・・・・・。


ニートの少年が主人公で、そのたった一人の肉親の父親が
乳幼児を数日間ダケ預かって世話を始めるガ、突然その父親が
心臓発作で死んでしまう・・・・・・・、本当の親の情報をまったく
残していなかったカラ大騒ぎ。

ニートとワガママな赤ん坊との攻防戦が始まる・・・・・・。


ってなカンジ。

とっても面白くて、あっと言う間に読んでしまうので
もったいなくて最後の方はセーブして呼んだぐらいです。


しかし・・・・・・、
最近はプラモも作るケド、本も良く読むです。

ジカンの使い方が上手くなったのカナ?

毎回面白い本を見つけるノモ、大したモンだ。




以上です、ソンじゃーネ。

by BenTenSYN | 2012-09-26 20:25 | 本の紹介 | Comments(0)
2012年 09月 19日

ココからが本番

では作業の開始です。

まずルーフのセンターにある
一段凹んだトコロだけで説明します、そうすれば
自動的にBefor/Afterが比べられるです。

水を付けたカミヤスリ1500#~2000#でヤスリます↓
c0079840_2145751.jpg

c0079840_21452433.jpg


完全にヤスって平滑が得られた状態↓
c0079840_21454669.jpg

当然ですがコノ状態になってモ
下地のアカの層まで行かないクリヤー層の
厚みが必要ですネ、解り易い指標は無いですガ・・・・・・。

ボクが使うクリヤーはエアブラシで吹くコトが前提の
フィニッシャーズの「オートクリヤー」です、20mgの瓶に
入っていますが1/24の標準的なカーモデルなら半分。

1/43なら1/4グライ。

タミヤの缶スプレーなら一本分グライ吹けば・・・・・・大丈夫カナ?

コレばっかしはやってみないと解らないです。


そしてココから”コンパウンド”による作業です、
今回メインで使うのはタミヤのモノ↓
c0079840_214623100.jpg

やっぱりタミヤでそろえてみるとココロ強いです。

三種類の細かさが違うコンパウンドと、それぞれを
使い別ける為にイロ別けされた磨き用のクロス、コレらを使います。


まずコンパウンドの「粗目」から↓
c0079840_21464621.jpg

コレぐらいを着けて磨きます、そっと
力をかけずニ、時間をかけて。

するト↓
c0079840_21472651.jpg


段差等のネガピンとかはクロスが届かないので、
綿棒などを使って少しづつ・・・・・・↓
c0079840_21475248.jpg


大体こんなカンジになります↓
c0079840_21481881.jpg


そして「細目」を使うト↓
c0079840_21484085.jpg


更に「仕上げ目」↓
c0079840_21512885.jpg



ココまでで一旦拡大写真↓
c0079840_21521039.jpg

違いは解るですヨネ?


そして今回はハセガワの商品のコレを使います↓
c0079840_2155487.jpg

”セラミック コンパウンド”
結構高い・・・・・・定価で1,000円グライ。


でも効果が絶大、
そして更にコレ↓
c0079840_2158499.jpg

同じくハセガワの”コーティング ポリマー”
コレも1,000円グライ・・・・・・。

高いので同時に買うのはオサイフに悪い、
ボクの”セラミック コンパウンド”は10年モノですが、
”コーティング ポリマー”は今回に合わせての購入。

しかしコレがまたイイ仕事をしてくれるデス、
その効果をジックリ見てミテください↓
c0079840_2215186.jpg


そしてアップ↓
c0079840_2234729.jpg

上段は前回の記事のアオ線で囲ったトキの画像そのモノ、
下段のヒダリが術後で段を挟んでミギが手を付けていない部分ですネ。


ワカルかな?

数枚の写真↓
c0079840_2265541.jpg

c0079840_227947.jpg


塗装のヨシアシはさて置き、
最初のペーパーがけで1500#より粗いペーパーを
使うと「キズが残り易くなるリスクが高くなる」のですが、
理論上はコレだけのステップを踏めば同じ仕上がりは期待できるハズ。


今書けるのはコレが限界、参考になったでしょうカ?


さぁっ!
コレを全体にヤレばイイ訳だが・・・・・・・、
何時になるコトやら?


以上、検討を祈るっ! ソンじゃーネ。

by BenTenSYN | 2012-09-19 22:17 | 塗装面の研ぎ出し | Comments(0)
2012年 09月 13日

カーモデルのキモ・・・・・・。

いきなりですガ、現在保留中のカーモデル制作の
タミヤ1/24”BRZ”を使って「HOU TO」的な何か?を実演します。

新たに「塗装面の研ぎ出し」カテゴリーを追加、
何時でもアーカイブできるようにしまシタ。

全二回カナ?



第一回「基礎編」

”弁SYN流”ではカーモデルのキモは
塗装の綺麗具合です。

作品の良し悪しの80%グライを掌握します、
残りの15%グライを「タイヤとホイールアーチの関係」、
最後の数%をディティールかな?

実は「タイヤとホイールアーチの関係」を重要視しているヒトは
わりと少ない、あのMG誌もソコら辺が弱いです。

ヨコから見てタイヤがホイールアーチのセンターに無いトカ、
妙にヨコへ飛び出していたり引っ込んでいたり。

最悪は四輪が地面に接地していなかったり・・・・・・・・。



そんなコトはさて置き塗装の要「研ぎ出し」を
今回は説明します。

がしかし最初に断っておきますガ、今回のクリヤー塗装は
人生で一番上手く塗れたので「研ぎ出し」をしなくても
カナリ行けてマス。

なるべくBefor/Afterを交えて説明しますガ、
ソコのトコロを考慮してニャ。



まず今回の被験者↓
c0079840_2337427.jpg

ね、かなりGOODな状態。

ルーフに写り込むデスクライトの蛍光灯の
帯びが鮮明です。


更に↓
c0079840_23391211.jpg

クロいトコロを拡大しますヨ↓↓↓
c0079840_23395370.jpg

アオい線で囲ったトコロが・・・・・・解りますカネ?
際のトコロがニジニジしています=柚子肌ってヤツです。

何時もならコノ柚子ップリが
もっと大きく深いデコボコで、ハイライトで光っていない
エリアでも柚子具合が解ってしまうホドです。


ではナゼ今回は上手く行ったノカ?

まず全ての塗装をエアブラシで行なったカラ。

「サフェ→シロ→アカ→クリヤー」までの全てを。

そして更にクリヤーの塗装を研ぎ出しに耐える分の
厚さまで塗ったトコロで一端、#600のペーパーで今までに
積み重ねた柚子肌を落として平滑な面を出して、ソコからもう一回
クリヤーを塗ってみた。

良くガラスに水滴を垂らすト、表面張力で粒状になります。

その粒の集合体が柚子肌の正体。

また、少しペーパーを充てた面に水滴を垂らすト
ジワっと滲んでしまいます、その物理を使って二回目の
クリヤー塗装をするト・・・・・・今回のような結果になりまシタ。

面倒だし、毎回マイカイ研ぐ前には良く乾燥させなければ
ならないシ・・・・・・・・結構ジカンが係ります。



今回は前段階として「研ぎ出し」の理論から初めました、
次回は実戦辺です。

コレさえマスターしてしまえば80%はゲットしたも同然、
頑張ってマスターしてより良い作品を作りましょう。

by BenTenSYN | 2012-09-13 23:59 | 塗装面の研ぎ出し | Comments(2)
2012年 09月 09日

ある意味”完成品”の公開です・・・・・・。

20年グライ前の完成品です。

タミヤの1/35”AAVP7A1”↓
c0079840_9575080.jpg

急にコレを押入れから出したのには理由があります、
どうやら日本の自衛隊がコレの購入に踏み出したラシイ・・・・・。

今まで防戦しか視野に入れていなかった装備では
あっと言う間に他国の侵入を許してしまう離島に対し
上陸する為の発注だとか。

まぁLCACでは攻撃されたら終わりですモンね。

c0079840_102910.jpg


ボクの”AAVP7A1”には特別に訓練された
ドライバーに搭乗してもらっています。
c0079840_1021610.jpg
c0079840_102292.jpg




それと・・・・・・
コノ車両をイメージしてカワイイラジコンを
作っていまシタ、まだ途中で・・・・・・・20年グライ経ってますケド・・・・・・・・
c0079840_105490.jpg


ミツワのリモコンのキットをベースにしています、
モーターは12Vにも耐えるスロットレーシングの
モーターを使います。

どうやってタムテックの機構で戦車を動かすノカ?と言うと・・・・・・。

まずスロットルを上げると左右のモーターに電力が投入されて、
サーボを切ると連動してソレゾレのモーターに直結されたスイッチが
切れて、ミギ旋回ならミギの電力が止まって旋回します。

左右逆回転は構造が大きくなるのでコレの容積ではムリ。

車体はほとんどプラバンによる工作で、
中身は中空にしてあってタムテックの
RCユニットが入ります。
c0079840_106313.jpg

砲塔やら後ろのハッチ(バッテリーの交換用)は
PCを使った軸の可動です。

ディティールなどは実際のカタチと違いますガ、
大きなカタマリはイイカンジではないですカ?

全部同じに作るのはイバラの道なので、ある程度似せて
パット見で似せてます。

しかしオリジナルのデザインにしていても
コレはコレで面白いカタチにしています。
c0079840_10194460.jpg


今ドキ「27Mhz」(←40Mhzのマツガイ)でもないタムテックのユニットを
使ってのラジコン化ですガ・・・・・・。

続けられるのカナ?・・・・・・。




タミヤの1/35の方はウェザリングからやり直して、
もうちょっと底上げできたらナ・・・・・・コノままでは少し
物足りないカンジ?




以上です、ソンじゃーネ。

by BenTenSYN | 2012-09-09 10:28 | 完成品のコーナー | Comments(0)
2012年 09月 02日

解禁・・・・・・作ってます、

一切ココで語ってきませんでしたガ、
実はボクの周りの仲間内で水泳部ククリの
ジュアッグ主体のコンペ”ジュアシック・パーク”を
やっています。

この仲間内のコンペは10回近くを数え、
今回はジュアッグの発売を記念しての開催です。

皆ツワモノなので大変楽しいコンペになるです。

コンペと言っても順位をつけるでも無く、
ただ持ち寄り集まって語るダケ。


そんなコンペに参加する為に
イロイロいじってます。

まずコレ↓
c0079840_2021286.jpg

ミギが術後。

デフォルトですと
いかにも金型都合のヌキ角が
目立っているので、フチが面に直角になるように
加工してます。


ソレからジュアッグに「S立ち」を要求するのは・・・・・・アレなカンジですガ、
アゴを引きタイっ!、タダでさえモノアイの付く顔が上を向いているので
ソコをなんとか・・・・・・。

マズ胴体の上の部分をポリパテにて裏打ちしてから
どんどん削る↓
c0079840_2026843.jpg

クビの穴の後ろ半分にプラバン、
その部分にポリパテで作ったコレ↓
c0079840_2027683.jpg

コレをハメル↓
c0079840_20272362.jpg

そうすると
クビが乗るトコロが傾いて、後頭部が上がる↓
c0079840_20281697.jpg

c0079840_20283710.jpg


そんなカンジでススメています・・・・・・・そろそろサフェ吹こうカナ?



そんなナカ
オタクとして今だ通っていなかった
とある王道を手に入れまシタ↓
c0079840_20295486.jpg

最近ウチの3歳児が毎晩のようにDVDを観てるですダヨ。

夜に帰宅するト
リビングが「ラン  ラン ララ ランランラン、  ラン ラン ラララン・・・・・・」状態。


よってチチとして全てを知る必要が有ると判断、
重たいコシをようやく上げたトコロです。

だって、映画は話の途中なんですモノね・・・・・・。



以上です、ソンじゃーネ。

by BenTenSYN | 2012-09-02 20:40 | 思い付いたコト | Comments(0)