ガンプラ! 模型!   弁天シンジケート!!

bentensyn.exblog.jp
ブログトップ
2014年 02月 16日

D9R 装甲ブルドーザー その二

前回の「リッパ」と言う
装置の組み立てで少し引っかかった部分について。

メーカーのデフォルトで
ココまで細かいパーツは今まで
経験が有りませんでした。

コレ↓
c0079840_21163580.jpg

ローガンのワタシにはモウ限界を
超えてます、見えますカ?
ゴミみたいなパーツ。

良く「クシャミをしたら……」なんて言いますガ、
コレぐらいになるともう目を離したダケで…………です。

ランナーのコノ部分から削いで持ってきます↓
c0079840_21212731.jpg

必要な個数の1.5倍ぐらい入ってるので
安心ですケド…………ネぇ。

やり過ぎデネ?



エンジン周りが組み上がると
いよいよキャビンです、手順として
インテリアを塗って完全に仕上げて、キャビンを
組み上げる所までが最初のヤマです。

各ドアやハッチ関連は完成後も開け閉め自由に
なりそうです、同時にせっかくの仕上げたインテリアを
完成後にも見えるように上部の天井は接着せずに組むのが吉。

各壁に当たるパーツをシッカリ組み込んで
早いトコロ閉じたいです。

その塗装の前に押し出しピンの
跡をプラパテで処理しましょう↓
c0079840_2126676.jpg



さて、次回はイキナリ
インテリアの塗装だが、その後に
事件は起こるのダッタ……………。


今日はココまで、ソンじゃーネ。
[PR]

by BenTenSYN | 2014-02-16 21:35 | MENG model D9R | Comments(0)


<< D9R 装甲ブルドーザー ...      D9R 装甲ブルドーザー ... >>