人気ブログランキング |

ガンプラ! 模型!   弁天シンジケート!!

bentensyn.exblog.jp
ブログトップ
2010年 10月 10日

今日は"本”の話し

最近J-waveの”BOOK BAR”なる
番組を良く聴いています、っと言う今現在も
聞きながら更新しています。

この番組は二人の出演者(ナビゲーター)が
交互に本を紹介する番組です。

数週間前に紹介されていた本が
今日の話題、興味が沸いたので
翌日買いに走りました・・・・・・・・

新潮社
「消された一家 -北九州・連続監禁殺人事件-
豊田正義 著
c0079840_23482820.jpg


皆様は「報道協定」なるコトバをご存知でしょうカ?

本のタイトルの「北九州・連続監禁殺人事件」は
実際の事件に付けられた事件の名前です。

この本当に起きた事件に
その「報道協定」がしかれたソウです。


本の内容は事件のルポライティングとして
書かれた内容なので、ウィキペディアで
調べればその事件の内容はザッと理解できます。

世の中にこんな事件が「起きていたノ?!」っと
疑いを抱いてしまうホド、まったく映画やドラマです。

イヤっ!  それ以上です。

「羊たちの沈黙」とか「エンジェル ハート」とか
ブラピの「セブン」とかを軽く超える出来事の連続・・・・・・

読み終わっても
正直「放心状態」で、アタマの中で
整理が付かない。



最初は軽く、
報道が操作されているコトの
ウラ側を観たいダケでしたガ・・・・・

オツリがでか過ぎタ・・・・・・・



平成十七年の公判
検察の論告求刑のコトバを
少し借りて、ココではコノ事件の概要を
お伝えします。

「稀代の連続大量殺人事件で、被告の刑事責任は、
我が国の犯罪史上、比肩するものがないほど重大である。
金づるとして利用価値がなくなった被害者の口封じに
七人も抹殺するという鬼畜の所業をやってのけた被告には、
極刑をもって臨むことが不可欠である」


もう・・・・・・コレ以上は無いと言うコトバです。

でもコノ事件の凄さは・・・・・・
被告の「松永太」は誰にも手を掛けていないコトです。

マインドコントロールによってとある一家を
落とし込み、全て「やらせた」のです。

死体は残った家族に全て
細かく切り刻み、ミキサーで「ガー」したり
煮込んで「トロトロ」にして海にすてたりしたラシイ・・・・・

しかも全部やらせて
自分は命令したダケ。


もともと詐欺師なラシイが
ココまでくると・・・・・コトバを失うです。



こうやって書いていても「何を書いてイイやら」
「ココに書くコトがイイことなのカ?」、読み終わってカラの
ボクの行動自体が”シリメツレツ状態”です・・・・・・・・・・・ゴメンナサイ。

報道のウラ側、
たぶん報道陣のヒト達もコノ事件を
取り上げる自信が無かったんダロウな?

ウィキペディアを読んでも、
本から受けた印象とは少し違うシ

本当に難しい事件だったんダナ?












少し間を置いて
お口直しにプラモの話をするト

”サイコ・ズール”は仕上げの作業を進めています、
袖などに施された意匠のエングレービングの塗り別けが
今後の塗装で大変そうですガ、0.15mmのタガネでシロと
クロの境界線に軽くスジボリを入れています。

ウィークデイに遅くまで残業をして帰ってきてカラ、
10~15分グライかけてそんなチマチマした作業をするのが
とても良いクールダウンになるコトが判明。

ハマリます・・・・・。

by BenTenSYN | 2010-10-10 00:37 | 思い付いたコト | Comments(0)


<< スミマセンっ!      ”イカ娘”ですカ?????? >>