ガンプラ! 模型!   弁天シンジケート!!

bentensyn.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:SDスコタコ"武器セット編"( 3 )


2009年 10月 25日

最終回です。

長い間の組み立て講習モ
今回で一先ずオワリです。

”武器セット編”の締めくくりとして
完成見本の写真を載せます。



ではスタートっ!

セット内容↓
c0079840_23333063.jpg


各バックパック×2
c0079840_23334380.jpg

c0079840_23335232.jpg


”パラシュートザック”↓
c0079840_23343328.jpg

c0079840_23344576.jpg

c0079840_23345647.jpg

c0079840_23355825.jpg

c0079840_23361292.jpg


”バズーカ”↓
c0079840_23363947.jpg

c0079840_23365537.jpg



”ラウンドムーバー×バズーカ”
c0079840_23375497.jpg

c0079840_233893.jpg

わざわざラウンドムーバーのマストを可動させた
意味が解って頂けるでしょうカ?・・・・・・・必要でショ?
c0079840_23392563.jpg



”ラウンドムーバー×マシンガン”
c0079840_2340848.jpg

↑タカラのキットのボックスアートはこんなカンジだったカナ?
c0079840_23411172.jpg




イベント終了から2ヶ月、
そろそろ早いヒトは完成させていらっしゃる頃でしょうカ?

正直ワタシのような素人の造ったキットですガ、
今までに無い”価値観”による新しいスコタコを
目指してリリースさせて頂きました。

やっぱり「組んでナンボ」な商品です、積んで置いてはなりません
積みにくいハコだし・・・・・・。

まず組んでみて、「遊んで」楽しかったら「仕上げて塗装」、
そんな感じでもイイから・・・・・・


それではマタっ!

”No Modeling No Life"
[PR]

by BenTenSYN | 2009-10-25 23:52 | SDスコタコ"武器セット編" | Comments(0)
2009年 10月 18日

工作内容は今日でおしまいです。

工作内容は今日でおしまいです。

さて”オマケ”扱いの”本命”
「ラウンドムーバー」の補足として・・・・・。

マストの付け根を可動化させる設計の
本商品ですガ、3㎜のPCを説明どうりに
切断して軸と同じ厚みにしてプラ棒でパーツと
串刺し↓
c0079840_2321482.jpg


手前が中途半端に刺した状態↓
c0079840_23223114.jpg

組説ではココまでですガ、ここで一工夫します

軸が丸見えなので・・・・・
そこを隠すやり方ですガ、要は5㎜の何か?で
蓋をするのです。

5㎜のポンチでプラペーパーを抜いて
それを貼り付けるダケでもGOODです。

又は↓
c0079840_23261121.jpg

市販のモノを探して貼り付けるノモ良いですネ。


ついでに・・・・・・・
バーニヤの中心のディティールも、気泡を埋めたり
塗装で中心ダケ色を変えタイ時に・・・・・・3㎜のドリルで
ディティールに穴を開けて、コレまた市販のパーツを埋め込むのも・・・・・・↓
c0079840_23303035.jpg

当然、
バーニヤごとソックリそのまま変えるのもイイですネ。



以上で全てカナ?・・・・・言い残したコトは無いカナ?・・・・・・・・
質問が有れば”コメント欄”に書き込んで下さい、なるべく
答えますカラ。

次回は”武器セット”の完成見本を載せる予定です、お楽しみニっ!
[PR]

by BenTenSYN | 2009-10-18 23:37 | SDスコタコ"武器セット編" | Comments(0)
2009年 10月 14日

"武器セット編"スタートっ!

さて、いよいよ”武器セット編”です。

今回もレジンキット全般になってしまいますガ、
完成への近道を紹介します。

まず私が作ったモノは複製されたパーツの中でも
お客様へお渡しできない「成型不良パーツ」で構成されるコトが多いです。

そこでバズーカのパーツに「大きな気泡」と言うより「空洞」を発見↓
c0079840_22592656.jpg

しかし問題無し、
ポリパテを充填すればOK

そしてエッチングソーでグリップ部を切断↓
c0079840_2312519.jpg

一気に切るのでは無く、イロイロな方向から
少しずつ中心に向かってケズリ進めばキレイに
別パーツ化できます。

原型自体が別パーツで出来ていて、例の「0.1グラム」まで
量れるデジタルメーターでレジンを計量して複製されたパーツなので
ヒケが無く切りやすいです。

コレがヒケだらけのパーツだと、切った向こう側の
面のツジツマが合わなくて悲惨なめに会うですヨ。




そして各パーツの欠損部分や気泡を埋める時に
だた単にポリパテを盛るのでは無く、平らな面を
押し付けて硬化を待つのも、その後の処理を手早く
やっつける近道です↓
c0079840_2384157.jpg

写真は1㎜のプラバンに「紙ガムテープ」を貼ったモノに
押し当てて硬化を待っているトコロ。
(紙ガムテープは離型が容易です)

写真の一番右、カカトに付けるアーマーのカドに在る
気泡を埋める処理では・・・・

カドにポリパテを盛り付けるのは、ソフトクリームをキレイニ
クルクルと盛り付けるのと同じく難しいですケド、コノ場合は
「ガムテープにパテを塊で置いて、ソコにパーツを押し当てて
硬化を待つ」・・・・・ソレでOK


”プラバンにガムテープ”
カンタンに作れる大事な工具です、一家に一台ですヨ!
[PR]

by BenTenSYN | 2009-10-14 23:19 | SDスコタコ"武器セット編" | Comments(0)