ガンプラ! 模型!   弁天シンジケート!!

bentensyn.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:SDスコタコ”本体編”( 2 )


2009年 09月 27日

”本体編”はコレでオシマイ。

さて”本体編”最終回です。

ロールバーについてですガ、
キットの原型は直径1.5ミリの
真鍮線(WAVE製)を曲げて造っていますノデ
当然パーツの成型が難しければ、同じように
真鍮線を曲げてもらってもイイですヨネ?

しかし原型師としての意地ではないのですガ、
完成見本は全て(今のトコロ)キットに入っている
パーツで作っています↓
c0079840_18395931.jpg

同じように真鍮線を曲げるのは難しいシ・・・・・
パーツを成型しても結構いけますヨ!

又レジンのパーツは弾力が有り
強度も十分です、今まで一回も破損したコトは
無いです。

コノ胸のロールバーの場合
穴を開けてソコに刺すのが強度を保って
作れるセオリーですガ、真鍮線だと
穴の向きが「ハの字」なので多分差し込むのはムリ・・・・・。

ソレがレジンのパーツだと・・・・・上手く行くのも事実・・・・・・
お好みで選択してクダサイ。



新造する場合の注意点として、カタのフックは
正直あまりヌケが良いパーツでは無いので、
コトブキヤなどカラ出ているフックのパーツを
使う手段もアリですガ・・・・・。

その時の留意点としては、細くて繊細なパーツを
選ぶと「SDらしさ」を損なうので、なるべく太くて
短いモノを選ぶカ?、少し大きめのパーツを短く切って
使うとイイでしょう。


それとコノパーツの角に見られる
気泡の処理で「気泡埋め」のカンタン処理を紹介↓
c0079840_18483457.jpg

角に有った気泡を大きく削り取り、アカく書いた断面が
出るグライ削り取る。

ソコに不要なレジンのカタマリを瞬間接着剤で接着↓
c0079840_1851554.jpg

あとは不要な部分を削れば出来上がり、
パテを使うよりカンタンで早いですネ。

ポイントは接着する面どうしを400番グライの
ペーパーで確実にタイラにしておくコト、充て木を
駆使してタイラにしましょう。

また、400番で面が出ていると瞬間接着剤による
接着強度はカナリ頑丈になるのもマメ知識です。



それと段落ち部分の面の仕上げは・・・・・・↓
c0079840_18544784.jpg

軽くサフェを吹いて(捨て吹き)、磨きやすい大きさや
カタチにした紙ヤスリで磨きます。

サフェがトコロドコロ之残るのをキレイに
処理すればOK。



ボクが用意していた
”本体編”は以上ですガ、コレ以外に質問等が
有りましたら書き込んで下さい。

それではマタ。
[PR]

by BenTenSYN | 2009-09-27 19:08 | SDスコタコ”本体編” | Comments(2)
2009年 09月 21日

いよいよ”本体編”へ突入です。

さて、”本体編”の開始ですガ・・・・・

”ガレージキット”としてはカナリ解りやすい
組説を目指しているツモリなので、組み立てが解らないコトは
無いと思うのですガ、パッケージとして説明の責任は果たせてモ
応用の仕方で「カンタン」だったり「安く」仕上げる方法もアルです。

その一例が指定のポリキャップをナニがナンでも
使わなくてもイイことダッタり・・・・・。

特にカタやヒジのPCは3mm径の軸で5㎜角の
PCなら大体OKです↓
c0079840_032503.jpg

写真はバンダイのHG系のキットに入っている
割とポピュラーなPCで代用する例です。

ランナーの「1番」のPCで十分に代用できます、
自分で明けた3mmの穴に対しユルユルであれば
穴の内側に薄く瞬間接着剤を塗ってあげれば可動の
硬さを調節できます。

カタのパーツはPCを入れて瞬間接着剤で接着して
クランパーで挟んでシッカリ接着します↓
c0079840_0372872.jpg



↓下の写真のミドリのスコタコのウデは指定のPCで組んだモノ、
パープルのウデはバンダイのPCの余りを使って組んだモノ↓
c0079840_039976.jpg

まったく支障ありません、
プラモの余ったPCは取って置くと役に立つので
捨てないでおきましょう。

そして反則技カモ知れませんが・・・・・・↓
c0079840_041240.jpg

ヒザに入れる指定のコトブキヤから発売されている
ABSの2重関節をヒジに使うのもイイですネ?


そしてアシクビのBJは・・・・・↓
c0079840_0425318.jpg

見本に組み込まれたBJでは無く
大きなBJを選んで組んでもGOODですヨ。

ドリルさえ有ればBJも組み込むのはカンタンですネ?
組説に書いてアル方法ならどんなトコロにでもBJを組み込めマス。

弁SYNのキットは少し大きめのドリルの刃を必要とします、
5㎜とか8㎜とか・・・・・、それは精度良くガレージキットを造るコツと
思ってもらえると良いですネ。


「ワザワザ工具を買わないと組み立てられない」のは
大変カモ知れませんガ、その為に少しでもキットを安く提供し
購入者の方々に「作ったコトによるスキルアップ」が望めれば幸いと考えマス。
[PR]

by BenTenSYN | 2009-09-21 00:58 | SDスコタコ”本体編” | Comments(0)