ガンプラ! 模型!   弁天シンジケート!!

bentensyn.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:完成品のコーナー( 31 )


2017年 04月 09日

突然ですが "多脚戦車クシャトリヤ"完成です。

バンダイのプラモデルの「SDクシャトリヤ」ですが、
どうやら2011年の夏に発売されていた当時に購入し
その晩のパチ組でほぼこの状態になっていたのを思い出します。

勢いって凄いですネ。

しかし塗装する気分が出ず、ココまで引っ張りました………orz

ヒントはコレ↓
c0079840_1984216.jpg

謎の「スコーピオンモード」!?
そうバンダイ様がやっちゃってたんですネ、
ボクはチョットひねったダケです。

それではコレです↓
c0079840_19113871.jpg

c0079840_19115961.jpg

c0079840_19122438.jpg

c0079840_19124823.jpg

c0079840_19131233.jpg

c0079840_19135312.jpg



武装はガトリング砲とともに
単身砲も作りました↓
c0079840_19142590.jpg

c0079840_19144349.jpg

c0079840_19151012.jpg

c0079840_19153047.jpg


乗っているフィギュアはタミヤの1/35から派遣してもらいました

コックピットは1/100のティエレンの胴体、ツマサキは
MGのズゴックの爪です。

「多脚戦車」ってなんかコウ…魅力が有りますヨネ、でも
意外と発売されているキットが少ないのも事実。

求めるキモチに応えるベースが無い

なら、ヤルしか無いっ!


皆さんもドウですか?、 「多脚戦車」

ぜひやってみて下さい、マネしてみて欲しいです

そしてどうか見せて欲しいです、ドンドン盛り上げましょう!



それでは以上です、最後まで見て下さって有難う御座います。








[PR]

by BenTenSYN | 2017-04-09 19:27 | 完成品のコーナー | Comments(0)
2016年 06月 05日

イキナリですが"スターデストロイヤー"の完成です。

"グレイス改"は写真の撮影も終わり、
現在は編集中です。

そんな中メカコレサイズで発売された、
"スターデストロイヤー"を3時間ぐらいの
作業時間で完成へ。

3時間で出来る内容にて完成へ

作業内容はエナメルによる墨入れノミ↓
c0079840_22504970.jpg


スジボリを深く掘り直すのもしない、
サフェも吹かないし船体色も塗らない。

スミイレのみで最後にフラットクリヤーで
トップコートにて完成↓
c0079840_22561470.jpg

c0079840_22564560.jpg

c0079840_22583972.jpg


以前メカコレのガミラス艦で試した
フィルターによるマスキングでの塗装のような
効果を狙い今回はスミイレ時の拭き取り作業で使う
綿棒でスタンピングで表現しました↓
c0079840_232226.jpg

十分な情報量が出たカナ?

巨大感出てまスカ?

c0079840_2351177.jpg

c0079840_2354493.jpg

c0079840_2363076.jpg



ちなみに左側のレーダードーム?らしきモノは
スミの拭き取り時に紛失しているコトに気付き
ランナーから削り出したコトはナイショだ。
c0079840_237611.jpg



そして撮影中の足下でスリッパの下でコロコロしたモノを
踏んでいるのに気付いたのはもっとナイショだ………orz



以上です、最後まで見て頂き有難う御座いました。
[PR]

by BenTenSYN | 2016-06-05 22:50 | 完成品のコーナー | Comments(0)
2014年 06月 29日

メカコレ”ガミラス艦”完成です。

前回の更新記事の最後に今年のキャラホビへ
向けてディーラー活動再開の告知をしたタイミングで、
ガンプラ巨匠の”matさん”のところから大量の
お客様が流れてきています。

タイミング良スギですっ! 

”matさん”ナイスです


そんなナカ、
二回前の更新記事のメカコレ”ガ艦”が
完成しましたので報告です。

そもそもHPの方でちゃんと更新したいのですガ、
PCが(XP)遅くて・・・・・・シマイには広告なんか出ちゃって・・・・・背水の陣
c0079840_22385439.jpg

c0079840_22395111.jpg

c0079840_22401458.jpg


船体にマダラ模様をフラクタルに表現できる
換気扇のフィルターを使った塗装方を始めて試しました。

エアブラシで簡単に複雑な模様が描けるコノ手法は
模型雑誌でやられている1/1000のキットなら
一目で解る模様を付けられますガ、今回のような
メカコレサイズではチト・・・・・オーバースケールのような気がします。

よってトップコートで薄いミドリを吹いて
馴染ませるようにしました。

元々塗ったイロはディスプレイベースのイロです。



このヴューが一番
換気扇フィルターの効果が見てとれるカナ↓
c0079840_22455145.jpg

船体後部、エンジンのチョイ手前部分に
黒い斑点ガ・・・・・・見えますカ?

そのフィルター塗装をした後に
「まだ何かが・・・・足りないナ?」っと思って
スジボリにそってシロを吹いたのが
更に質感を高められた・・・・・カナ?

むしろソッチの方が目だってル?
c0079840_22484795.jpg

c0079840_224964.jpg

c0079840_22492236.jpg

↑シタ面は特にシロが利いていますネ。


私見ですガ・・・・・
このキットの最大の問題点はパーツとパーツの
合わせ目消しです。

直球勝負で攻めると塗りの作業で苦労します、
ボクは最低限の接着と合わせ目消しで回避しました。

よって船体はココまで分解できます↓
c0079840_22531342.jpg

そうです艦首は接着していません

合わせ目を消したのは船体後部の上面ノミ

コレで十分でしょう


最後に・・・・・・
このキットの最大の特徴はディティールの細かさでは
ないでしょうカ?、すこし前に発売された”ユキカゼ”と並べても
格段にシャープです。

スケール物のメーカーでもコレだけ
カッチリしたモールドは中々見かけません。

驚いたのは例の艦首とメインの船体を別ける
分割とその他のスジボリが完成後に見分けがつかないコト。

知人に見せて「コレどこで繋いでいるか解りますカ?」っと
目の前で見せても、説明しても解らないホド・・・・・・マジで。

恐るベシっ!”バンダイ”

もちろん、
この勢いでやってくれるんですヨネ?
”X-wing”とかアレとかアレとかアレとか・・・・・・(ファインなモールドでネっ!)



以上です、
今日はココまで、ソンじゃーネ。
[PR]

by BenTenSYN | 2014-06-29 23:07 | 完成品のコーナー | Comments(0)
2013年 12月 15日

HG”ADELE”完成

いろいろ有りました例のプラモの
仕上げのハナシですガ、今回のコレを
もって一段落付けさせて頂きます。

「プラモの仕上げ」をステップアップする
つもりのトリロジー完結です。

c0079840_1871969.jpg



各SNSには明日の朝以降にアップ・・・・・・している暇は有るカナ?



今日は以上です、ソンじゃーネ。
[PR]

by BenTenSYN | 2013-12-15 18:09 | 完成品のコーナー | Comments(0)
2013年 11月 30日

HG”アンクシャ”完成!

お陰さまでHG”アンクシャ”が完成しHP
GALLERYにアップしました。

c0079840_18413885.jpg


良かったら見てみて下さい、
オイラ頑張ったダヨ・・・・・・・。


ちなみに・・・・・fgにも出撃しまシタ。



以上です。
[PR]

by BenTenSYN | 2013-11-30 18:58 | 完成品のコーナー | Comments(0)
2013年 04月 14日

MENG Model "PICK UP w/ZPU-1"の作業その6

全体完成の図

晴れて完成写真を公開です↓
c0079840_226137.jpg

c0079840_2262688.jpg

c0079840_2263892.jpg

c0079840_2265047.jpg


今回のテーマは元々艶有りだった
塗装面のモノが朽ちていってサビが
出てカナリの使用感が出てしまった状態です。

前作の完成品がタミヤの1/24スバルBRZだったので
カーモデル特有のバリバリの艶有り仕上げだったのに対し、
その上にウェザリングを施す作業内容。

AFV関連の作品としても
コレ以外に類を見ないテクニックを混在しての
完成です・・・・・・・たのしカタっす。


アップにするとこんなモンです↓
c0079840_22113143.jpg

かなりアッサリとザックリと塗ってます、
引きで見ている印象よりズット粗いカナ?

c0079840_22125239.jpg

c0079840_2213775.jpg



荷台が有るクルマなので
ウェザリングのシガイが有ります↓
c0079840_22141718.jpg



全部でナンやカンや2ヶ月半グライ
かかったですカネ?、終わってしまうと
少し寂しいカンジです。

初めて箱を開けたトキの
ワクワク感は今でも忘れないです。

そのワクワクの勢いで
進めたコノ2ヶ月半はあっと言う間でしたネ。


また、次のメンモデルを買うのが
楽しみです。

c0079840_22172819.jpg



また今度写真を撮り治して
fgに出撃する予定です。

現在は撮影環境のテコ入れ中ナリ。


それでは以上です、ソンじゃーネ。
[PR]

by BenTenSYN | 2013-04-14 22:22 | 完成品のコーナー | Comments(4)
2013年 02月 03日

いきなりダガ・・・・・・

タミヤの1/35”メルカバ”を
90年代に組んだモノを発掘しました。

当時のボクの技術の水準を知るコトが
できます、タン系のスプレーを吹いて
スミイレだけしてフィニッシュ↓
c0079840_22551460.jpg

c0079840_22553564.jpg

c0079840_22555383.jpg

当時はコレで良かった、「そのカタチのモノが
欲しかったダケ・・・・・・」その一点で作ったのです。

まぁ「1日モデリング」の産物です


そこでコレのリニューアルを開始、
6時間コースの筆塗りでドコまで行けるカ?やってみた↓
(写真の構図はできるダケ上の写真と同じように努力してみました)
c0079840_22592742.jpg

c0079840_22593995.jpg

c0079840_22595020.jpg

何時ものように本体色より
明るい色と暗い色を用意して
上を向いている面は明るく、下を
向いている面は暗い色をのせ→艶消しトップコート。

そして足周りにはパステルをアクリル溶剤で
溶かして作った「擬似泥」を塗りヌリ。

最後にメタルカラーの”アイアン”でチッピング表現で
終了・・・・・・全工程約6時間ナリ。

だいぶ見れるようになったカナ?

c0079840_2342423.jpg

c0079840_2343989.jpg

c0079840_2345493.jpg

今回は試しにやってみたかったコトが有ったです。

それは「明と暗のコントラストを付けて
砂漠の日差しを表現」したカッタ・・・・・・。

第一弾として上手くいったかドウか?は
追々自分で判定するとして、模型としてのデキは
とある水準に届いたカナ?

c0079840_238191.jpg

c0079840_2383436.jpg


実は・・・・・
10年以上前の代物でアルが為、
すでに欠損している部品が多数アリ。

でも関係無いネ、雰囲気重視ってコトで・・・・・・。

試したかったコトはコレからも
追求するとシテ、充実感の有る
日曜日でシタとさ・・・・・。




以上です、ソンじゃーネ。
[PR]

by BenTenSYN | 2013-02-03 23:17 | 完成品のコーナー | Comments(0)
2013年 01月 23日

”BRZ"制作レポート最終回

それでは大詰め、モール類の塗装です。

直球勝負でコレに向き合うト
気が変になりますノデ、ラッカー系で
やってきたココまでの塗装に対し、モール類の
艶消しクロのこの色はエナメル系で進めます。

当然塗膜が強いラッカーに対し
大変弱いエナメル系は下地を犯す心配が
有りません、その特性を積極的に利用します。

まず若干薄めのエナメルのクロを
筆でスジボリに流し込みます↓
c0079840_2150074.jpg


カンタンです↓
c0079840_2150217.jpg


もし手が滑ってスジボリの外に
クロが行ってしまってもエナメルの
うすめ液をティッシュに着けて拭けば
キレイに拭き取れます。

そしてスジボリの幅を上手く使うマスキング作業は
さほど神経を使うシゴトでは有りません↓
c0079840_21543480.jpg



ちなみに・・・・・・・
”雑食系”を自負するワタシはココ10年で
経験した他のスケール物の作業で覚えたコトを
踏まえクルマのモデルでも「クロ系」の塗装指示に
対し直球の「クロ」は使っていません。

若干のシロを混ぜて「グレー」で処理していて、
艶消しの指示も独自の判断でフラットベースを
量を決めて混ぜています。


そんな中、完成です↓
c0079840_21582139.jpg

c0079840_21583222.jpg


もちろん後日
改めて写真を撮りますガ、下に敷いている
カッティングマットのグリッドの写り込みが・・・・・・・うつくチイ


10年ぶりに作るとヤッパリ
「流石タミヤ」です、作り続けてきたヒトが
気づく進化を多くの場面で感じました。

チョット疲れてしまいましたケド、
本当なら続けてクルマのモデルを作りたい・・・・・・ケド。


イロイロやりたいコトが山積みなので、しばらくは
違うコトを進めるとします。



以上です、アリガトウ御座いまシタ
ソンじゃーネ。
[PR]

by BenTenSYN | 2013-01-23 22:12 | 完成品のコーナー | Comments(0)
2012年 12月 12日

今日は・・・・・・

「121212121212」と沢山
12が並びました。

きっと”イルミナティ”と”アンジェリーナ・ジョリー”が
人類の存亡をかけて戦ってくれていたに違いないです。

今日の平和に感謝しましょう。


さて、そんなコトはさて置き
例の”ジャック・エッジ”が完成しまシタ↓
c0079840_2231532.jpg

c0079840_2232885.jpg

艶消しトップコートを吹いたら
大きく表情が変わり、シックな印象になったカナ?

デカールを貼るコトを考え、艶有りで
作業を進めましたが、どうもオモチャっぽくて
不安が尽きませんでした。

でも結果はネライどうりで、
オトナな作品になったカシラ?・・・・・。

c0079840_2263012.jpg

各所にハセガワの偏向シートを貼ってあるので、
撮影時にレフ版を使って効果が見えるようにしました。

c0079840_2273068.jpg

基本色はクレオスの”328ブルーFS”です。

シールド中央などには”GX207メタルバイオレット”
"Mr.クリスタルカラー/XC04アメジストパール"をクリヤーコート。

そして所々にWAVEの”パールパウダー・ブルー”
"マイクロパールパウダー3/ホワイトブルー"を
クリヤーコート。

と言うように単調になりがちなこのキットを
クリーヤーコート系で変化を付けました。

あまり見かけないですがパール系の表面を
艶消しでフィニッシュするのは、実はシックで
カッコイイです。
c0079840_22154954.jpg



また後ほど"fg"に出動しますネ。




以上です、ソンじゃーネ。
[PR]

by BenTenSYN | 2012-12-12 22:20 | 完成品のコーナー | Comments(0)
2012年 09月 09日

ある意味”完成品”の公開です・・・・・・。

20年グライ前の完成品です。

タミヤの1/35”AAVP7A1”↓
c0079840_9575080.jpg

急にコレを押入れから出したのには理由があります、
どうやら日本の自衛隊がコレの購入に踏み出したラシイ・・・・・。

今まで防戦しか視野に入れていなかった装備では
あっと言う間に他国の侵入を許してしまう離島に対し
上陸する為の発注だとか。

まぁLCACでは攻撃されたら終わりですモンね。

c0079840_102910.jpg


ボクの”AAVP7A1”には特別に訓練された
ドライバーに搭乗してもらっています。
c0079840_1021610.jpg
c0079840_102292.jpg




それと・・・・・・
コノ車両をイメージしてカワイイラジコンを
作っていまシタ、まだ途中で・・・・・・・20年グライ経ってますケド・・・・・・・・
c0079840_105490.jpg


ミツワのリモコンのキットをベースにしています、
モーターは12Vにも耐えるスロットレーシングの
モーターを使います。

どうやってタムテックの機構で戦車を動かすノカ?と言うと・・・・・・。

まずスロットルを上げると左右のモーターに電力が投入されて、
サーボを切ると連動してソレゾレのモーターに直結されたスイッチが
切れて、ミギ旋回ならミギの電力が止まって旋回します。

左右逆回転は構造が大きくなるのでコレの容積ではムリ。

車体はほとんどプラバンによる工作で、
中身は中空にしてあってタムテックの
RCユニットが入ります。
c0079840_106313.jpg

砲塔やら後ろのハッチ(バッテリーの交換用)は
PCを使った軸の可動です。

ディティールなどは実際のカタチと違いますガ、
大きなカタマリはイイカンジではないですカ?

全部同じに作るのはイバラの道なので、ある程度似せて
パット見で似せてます。

しかしオリジナルのデザインにしていても
コレはコレで面白いカタチにしています。
c0079840_10194460.jpg


今ドキ「27Mhz」(←40Mhzのマツガイ)でもないタムテックのユニットを
使ってのラジコン化ですガ・・・・・・。

続けられるのカナ?・・・・・・。




タミヤの1/35の方はウェザリングからやり直して、
もうちょっと底上げできたらナ・・・・・・コノままでは少し
物足りないカンジ?




以上です、ソンじゃーネ。
[PR]

by BenTenSYN | 2012-09-09 10:28 | 完成品のコーナー | Comments(0)